日本史Bの知識でわかる平安時代の仏像

来る運慶展に備えて仏像の歴史を高校の教科書(=日本史B)に出てくる内容で予習してみました!

この記事では平安時代のスーパー仏師・定朝を中心に

  1. 造仏史
  2. 主流の素材と作り方
  3. 仏像のビジュアル

の、3つの視点でまとめます。

▼ちなみに高校生の時に使った「日本史B」の用語集で赤文字で重要なんだなーという単語を中心に書いています!

広告

造仏史

前回の日本史Bの知識でわかる飛鳥~奈良時代の仏像では、仏教伝来から東大寺の大仏の開眼供養までの250年間をサクッと確認しました。

この記事では東大寺の大仏の開眼供養以降、794年~1185年の薬師信仰の流行から定朝様の完成までを見ていきます!

9~10世紀 薬師信仰の流行

政治不安や日照りによる飢餓、疫病の流行により長岡京から平安京に都が移ったこの時代、人々は薬師如来に救いを求めました。

薬のイメージが強い薬師如来ですが、薬師経の内容が現世利益的(病からの救い・災い避け等)だったため、当時流行したようです。

長岡京での「藤原種継暗殺事件」や平安京以降の薬子の変・応天門の変等、政変で処刑された人々の怨霊を鎮める(御霊信仰)ため、この時代の薬師如来は厳しい表情をしたものが多いです。

▼この時代の主な薬師如来像

👉唐招提寺

👉神護寺

👉新薬師寺

👉元興寺

この時代は官営工房系の仏師が制作しており、仏師僧と呼ばれる仏像制作専門の僧侶も登場し始めました。

薬師如来は基本的に左手に薬壺を持つ姿で表現されていますが、薬壺を持たないスタイルの薬師如来も作られました。

👉延暦寺根本中堂(最澄自刻と言われる薬師如来が安置されている)

👉室生寺金堂の伝釈迦如来立像(現在は薬師如来立像と考えられている)

11~12世紀 和様彫刻の成立と末法思想

藤原氏の摂関政治が隆盛を極めたこの頃、末法思想が広まります。

末法思想とは、釈迦の入滅(死後)1500年を経ると始まる、「教(仏の教え)」「行(修行)」「証(悟り)」が正しく伝わらない乱世の時代を示します。

1052年が末法の初年とされ、人々は死後の世界に極楽往生を求め、文字や言語に頼らずに法を伝えられる仏像が盛んに作られました。

各如来が浄土を持っていますが、日本では阿弥陀如来の西方極楽浄土が人気でこの時代に阿弥陀信仰が広がります。

この頃、仏師・康尚が小仏師を率いて工房での仏像制作に取り組みます。仏像の民営工房化の始まりです。

Pick UP 仏師! 定朝(じょうちょう)

康尚の子、定朝は藤原道長に重用され、道長ゆかりの寺院の仏像を作成しています。

👉無量寿院(法成寺):丈六九体阿弥陀如来像・大日如来坐像、他

また、初めて法位を取得した仏師でもあり、法橋・法眼位の位を授与されています。

末法初年の1052年、道長の子の頼道が宇治に阿弥陀堂を建立し、翌1053年に定朝が阿弥陀如来坐像を作成しました。

定朝の優美な作風は定朝様として好まれ、子の覚助の系統からなる院派仏師と、弟子の長勢の系統からなる円派仏師に引き継がれます。

主流の素材と作り方

9~10世紀は一木造り

カヤやサクラの木を用いた一木造りが主流でした。一本の木から仏像を彫り出すため深い彫刻を行うことができます。

また、乾漆造りと併用して作成することもありました。

11世紀以降は寄木造り

仏像の主流サイズである丈六像(立像で約4.85メートル)を作成するためには、一本の木から掘り出す一木造りでは素材の調達に限界があります。

そこで良質なヒノキ材を用いて、複数のパーツからなる寄木造りによる造仏が主流となります。

また、一木造りにしても左右に割って内繰りを施す割矧ぎ造りが行われます。

これらの作り方は一木造りに比べて厚みが薄いため、彫刻の線も細くなります。

仏像のビジュアル

9~10世紀は威圧感強め

度重なる災厄や政治不安等により、威圧的な表情の仏像が多く作られます。

また、連波式衣文という波打つような衣服の文様が流行します。

11世紀は定朝様の隆盛期

引き目鍵鼻といった貴族好みの顔を反映させた定朝様が流行り、以降の規範とされます。

穏やかな表情で顔は丸く、眼尻は下がり瞑想的に表現され、人々を極楽浄土へいざないます。

まとめ

最後に平安時代の仏像についてまとめます。

★9~10世紀

  1. 政治不安や災厄から薬師信仰が流行し、各地で薬師如来が造立される
  2. 一木造りが主流
  3. 災厄や御霊信仰により厳しい顔つきの仏像が多い

★11世紀

  1. 末法思想により阿弥陀如来が多く造立される
  2. Pick UP 仏師👉定朝
  3. 官営工房から民間工房への移行が始まる
  4. 定朝の子供や弟子から、後の院派・円派・奈良仏師(慶派)が生まれる
  5. 寄木造りが主流
  6. 貴族好みの引き目鍵鼻、丸顔が多い

次回:日本史Bの知識でわかる鎌倉時代の仏像はコチラ!

▼このシリーズのまとめはコチラ!
日本史Bの知識でわかる仏像のまとめ

▼造仏史がわかったら運慶展に行こう!
55日間の軌跡! #運慶展 で仏像の背中を見よう!

それでは、これにて。

ドロン。

文月詩乃
「やってみたいをカタチにする」をモットーに日々試行錯誤中! 「行ってみたい!」は47都道府県を訪ねる旅に、「引きこもりたい!」は日々の事務処理を仕組み化することで実現させることを目標に活動しています。2017年8月より、フリーの「事務処理屋」としての活動を始めました!