「やりたい」気持ちと向き合うために、やめようと思った4つの事

最近「やるやる詐欺」化してきたブログについに帰ってきました。

「書きたい!」と思っていますし、そもそも自分から決めたのに中々手が付けられない状態が続いておりまして、「なんでだろ?」って思い詰めたりしてました。(決意表明はコチラ

その時にいくつか思いついた内容があったので、それについてメモしておきたいと思います。

広告

気付き① 「やりたい」から「やらなきゃ」になる事

▼これについてはツイートしたら、予想以上に反響がきました。

このブログだってやりたくて始めたんですし、今だって毎日書こう書こうと思ってはいます。(手が追いついてないですが)

ある日ふと、しんどいなぁと思ったんですよねぇ…不思議と。

「毎日書かなきゃ」「フォーマットはこうしなければ」「書く内容はこうでなければ」っていう「やらなきゃ」たちに縛られていた気がします。誰に決められたわけでもないのにね。

もちろん毎日書く重要性も、文章を書く上でのスキルも、一貫したテーマ性も文章を書く上では必要なことだとわかってはいるんですが。

理論が先行して、当初の「やりたい!」が死んでしまっては意味がないんじゃないかなと思いまして。最上志向が裏目に出たというか、完璧を追及するのが早すぎた気がします。

※やりたいことをやるためには「やらなきゃ」いけないタスクをこなす必要があるのは十分わかってるつもり。

なのでもう少し自分に甘く、ブログ書ければいいかなぁと思ってます。この記事とか雑記になるでしょうしw

気付き② ガソリンが切れた状態で走る事

これはかれこれ5年くらい自覚症状があるのに放置してきました。「燃え尽き症候群」的なイメージなんですが。(※別に診断されたわけではないです)

人間意外と頑丈なんで、ガス欠状態になっても予備発電とか慣性の法則でしばらく走り続けることができます。でもそれって最後の余力なんで、休ませてエネルギー補給しないといつか本当に倒れます。

そもそも「休みたい」だって立派な「やりたいこと」なんです。それを文月は無視し続けて(体力もあったし)、ガス欠状態のまま「まだ大丈夫…まだ大丈夫…」とか言ってた結果の歪みがこの1年くらいでばたばたと発生してきました。

休んだらなんだか申し訳ない、とか一体誰に対して申し訳ないのか自分でもさっぱりなんですが、どうも思考のクセみたいです。倒れた方が迷惑かけるのにw

気付き③ 一人の世界に引きこもる事

これも文月の永遠の課題です。心がなんだか不健康なとき、極端に人と接触(オフライン・オンライン問わず)するのを避けます。

文月にとってはこれも一種の休憩行動なので、「一人になりたい」って思ったら「あ、安静にしたいんだな」って思ってそっと隅っこに行って体育座りで休憩しますw

この時の思考って本当にロクなこと考えていなくて(末法状態)、元気な時に考えるって大事だなぁと痛感しました。

▼ちょっと復活した時のツイート

▼これもちょっと復活した時ですね

こういう時は、しっかり休んで(←大事!)ちょっと復活した時に誰かに会いに行くと心の中の空気が入れ替わるようで救われてます。(オンライン含む)

気付き④ 人の「やりたい」を否定しない

先日ライフエンジンに寄せた記事でちょっと触れた内容なんですが。

誰かの「やらない」理由のせいで、あなたの夢を諦めないでほしい

「言葉」ってちょっとしたエネルギーを持っていて、必ず自分に返ってくると文月は思ってます。「類は友を呼ぶ」じゃありませんが、同じような発言をする人同士がコミュニティを作ります。

言うなれば、言葉が仲間を作り、環境を作り、そして自分の未来を創る状態。

なので人の「やりたい」をつぶしてしまうような発言をしたら、いつか自分が「やりたい」を宣言した時に返ってくるのです。「そんなの無理だよ」っていう人の周りには、やっぱり「無理だよ」っていう人が集まるんじゃないかな?と。

まとめと対策

と、いうことでこれからはこの4つについて対策していきたいと思います。

  1. 「やりたい」から「やらなきゃ」になっていないか振り返る
    • やらなきゃいけないタスクはこなしつつ
    • 過度にルールに固執していないか振り返る
    • 最初から完璧を求めない(完璧がわかってから追及する)
  2. ガス欠状態で走らない
    • 「休みたい」も「やりたい」のうち
    • 倒れる前に休む
  3. 一人の世界に引きこもらない
    • 休む過程で引きこもるのは可にしたい
    • 体力が復活したら、心の空気を入れ替える
    • そのために人に会う
  4. 人の「やりたい」を否定しない
    • 言葉はいつか自分に返ってくる
    • 自分が「やりたいこと」をやりきるために、人の「やりたい」を応援する

以上、勢いに任せて書いてしまいました。頭の整理のためにもこういう記事書いていきたいな。(ブログの方針はいったん脇に置いておいて)

本日はこれにて、ドロン。

文月詩乃
「やってみたいをカタチにする」をモットーに日々試行錯誤中! 「行ってみたい!」は47都道府県を訪ねる旅に、「引きこもりたい!」は日々の事務処理を仕組み化することで実現させることを目標に活動しています。2017年8月より、フリーの「事務処理屋」としての活動を始めました!