新年一般参賀の行き方と備忘録レポ

まさか平成になってから2番目の参賀者人数(約96700人)になるとはいざ知らず、新年一般参賀(2017年)に行ってまいりました。

一般参賀に行くのは今回が初めてだったので、来年以降に再び行く際に困らないように、しっかりと備忘録レポを残したいと思います。

広告

一般参賀とは

宮内庁のHPによると、昭和23年の1月1日から開始されたそうです。同HPによると当時は記帳台での記帳のみで現在のようなお出ましはなかったようです。(現在の様なお出ましは昭和26年から)

毎年1月2日,皇居において,天皇皇后両陛下が国民から祝賀をお受けになる行事です。

と、宮内庁HPに記載があるように、「我々国民が両陛下に対して新年のお祝いを伝え、それに対して天皇陛下からお言葉を頂く」という意味合いで捉えれば良いかなと思います。

一般参賀の行き方

行く前に気を付けておきたい服装と手荷物

  • テレビでよく見る国旗の手旗は入り口でボランティアの方が配ってます
    • 自分で準備する必要は無い
    • 大きな旗は後ろの参賀者や報道カメラの視界をふさぐことになるので持ち込みNG
    • 入口で配布されていた旗は出口で回収も実施されています
  •  歩きやすい靴で参加しましょう
    • 最低でも30分程度は歩くor並ぶという時間が発生します
    • 皇居内は砂利道なのでハイヒールはお勧めしません(ヒールが削れるし)
  • 寒さ対策を忘れずに
    • 1月の屋外で待機することを念頭に整えましょう
    • 2017年の様に暖かい年は重ね着で調整できるとよいでしょう
  • なるべく手荷物は減らしましょう
    • 飲み物もチェックされるくらいなら持って行かない方がいいんじゃないかな
    • 大きな荷物は預けることになるので持ち込まないほうがスムーズです

最初に目指すのは「皇居正門(二重橋)」

入口はこの皇居正門(二重橋)しかありません。

東京駅方面からだと若干距離があるので、東京メトロ桜田門駅から桜田門を通って向かうのが比較的スムーズかなと思います。

ちなみにボランティアの方が手旗の国旗を配ってくれているので、手ぶらで行ってもテレビでよく見るあの光景に参加することができます。

スムーズにセキュリティチェックをするためには

すごく画期的だなー!と思ったんですが、セキュリティチェックは「車椅子・ベビーカーを使用する人」「手荷物が無い人」「手荷物がある人」で分けられていました。

私は「手荷物がある人」に並んだのですが、手ぶらで行くと最初のカバンの中身チェックの無い列に並べるみたいですね。これ、文化財保護施設とかでセキュリティチェック導入してる場所はみんなやってくれればいいのに。

空港並みのチェックを行うので、服装のところと重複しますが、

  • 飲み物は持って行かない
  • 大きい荷物は持って行かない
  • ポケットの中身は出せるようにしておく

上記をお勧めいたします。

入門~お出ましまでの待機

セキュリティチェック後から長和殿までたどり着く時間

2017年の私は11:20に桜田門側のセキュリティチェックを通過後、11:55頃に両陛下がお出ましになる長和殿にたどり着きました。道幅があるので思ったより順調に列が進んでいきます。

▼並んでる列

1回あたりのお出ましの時間

陛下がお話になるのは1回のお出ましにつき約5分くらいの様です。お出ましとお出ましの間は外からは伺うことはできません。

2017年の詩乃さんの参賀状況

詩乃さんは今回3回目のお出ましの時間(11:50)を狙っていきましたが……

▼み、見えない……。

ぎりぎり、お言葉は聞けたけどまったく見えない……というか手旗といい、歓声といい、どことなくライブ会場みたいな空気感が……wたぶん人間盛り上がる対象が違うだけで、盛り上がり方自体は似てるんだろうなーと感じました。

ここまで来ておいてこのまま帰るのもちょっとなぁ……と、待機を決意。

これは後から気付きましたが3回目(11:50~)と4回目(13:30~)の間が1.5時間と一番待ち時間が長いので、待機するならあまりお勧めしません。他の回は50分間隔しかあいてないので、午前中の1回目か2回目の時間に皇居内に入るのを目標としつつ、前列を取るなら1回やり過ごして次の回の前列を狙う……という動きをした方が得策かなーと思います。

私は1.5時間耐えました……。ディズニーと同程度の待ち時間を、ディズニーよりもうんと年齢層の高い人々と待機します。(2~3人具合が悪くなった方を見かけました、無理はしちゃだめ)

また、長和殿は横にめちゃめちゃ長いのですが、お出ましがあるのは真ん中のちょっと張り出たベランダ部分のみです。端っこで待ってても見えない!ってことは十分にありそうな予感。

▼1.5時間粘った結果がコチラ

お帰りの際の注意事項

出口は全部で3つ

出口は「坂下門」「桔梗門」「乾門」の3ヶ所があります。東京駅に一番近い坂下門周辺は混雑度も高いので注意が必要です。

▼ゆるやかな下り坂なので走ると危険

お土産コーナーは午後は売り切れ寸前

坂道を下りきると大きな手荷物の引き渡し場所の横にお土産売り場が出現します。が、午後には売り切れも出始めていました。お土産もほしいならなおさら午前中に行くのが望ましいです。

▼お菓子が特に人気

ただ2017年は、東京駅の地下街にも期間限定店で出店していたのでコチラで買うのもいいかなーと思います。(皇居外苑(プレシャススイーツ))

好奇心の赴くままに行ってみましたが、新年早々穏やかなライブに参加したような一体感があって面白かったです。いい年になりそう。

というわけで、本日はこれにて、ドロン。

文月詩乃
「やってみたいをカタチにする」をモットーに日々試行錯誤中! 「行ってみたい!」は47都道府県を訪ねる旅に、「引きこもりたい!」は日々の事務処理を仕組み化することで実現させることを目標に活動しています。2017年8月より、フリーの「事務処理屋」としての活動を始めました!