『みさきまぐろきっぷ』で日帰り小旅行⑤海南神社編 #またたびメモ

前の記事はコチラ!👉『みさきまぐろきっぷ』で日帰り小旅行④路地裏さんぽ編

三崎港のバス停からまっすぐ伸びた道を行くと、大きな鳥居が見えてくる。

▼バス停前

▼参道の様子

さすがは「三浦総鎮守」、境内は整備されていてとても歩きやすい。地域のイベント会場にもなるらしく、ちょっとした広場もあった。チャッキラコもここで行うらしい。

▼御本殿、丹塗りの社殿がまぶしい

主祭神は藤原資盈(ふじわらのすけみつ)。

……どちら様でしょうか。

神社で配布していたパンフレットの由緒・沿革には「天児屋根之命之の苗裔である。」と書かれていました。

この「天児屋根之命(あめのこやねのみこと)」は日本神話で、天岩戸隠れ神話や天孫降臨の時に祭式を執り行う神様として登場します。

また、下記の引用から中臣鎌足の祖神であるとわかります。

故、其天児屋命者、中臣連等之祖。(75頁)

(『古事記』西宮一民編 ㈱おうふう 修訂版平成12年11月)

中臣鎌足は大化の改新で「藤原」という名字をもらうので、確かに祖先だわーとここにきて理解しました。

ただ、手持ちの日本史辞典では藤原資盈自体の記載がなかったので、あんまり深堀できず……。そろそろジャパンナレッジに手を出す時が来たかしら……。

▼タイじゃなくてマグロ……!

▼境内の御神木、樹齢約800年で市の天然記念物に指定されているそうです。

▼御朱印もちゃっかりゲットしました。

▼参道より港を眺める

▼小さな御社。海からくる神様を迎えているのだろうか

▼小さな祠が3つならんでいると、基本的には宗方三女神が祀られてると思ってます

みさきまぐろきっぷのまとめはコチラ!👉『みさきまぐろきっぷ』で日帰り小旅行~まとめ~

それでは、これにて。
ドロン。

文月詩乃
「やってみたいをカタチにする」をモットーに日々試行錯誤中! 「行ってみたい!」は47都道府県を訪ねる旅に、「引きこもりたい!」は日々の事務処理を仕組み化することで実現させることを目標に活動しています。2017年8月より、フリーの「事務処理屋」としての活動を始めました!