『みさきまぐろきっぷ』で日帰り小旅行~まとめ~ #またたびメモ

約6時間の滞在でしたが、まだまだ見たりない三浦エリア。次回は油壷や城ケ島方面に足を延ばしたいなぁ。

というわけで、みさきまぐろきっぷを使った日帰り小旅行のまとめです。

広告

『みさきまぐろきっぷ』でできること

みさきまぐろきっぷHPはこちらのリンクから。自動券売機の「おとくなきっぷ」から購入可能です。

私は品川駅から利用したので3060円で『みさきまぐろきっぷ』を購入しました。

京急の最寄り駅⇔三崎口駅までの往復ができる

今回私は下記のルートで回りましたが、この金額はきっぷにコミコミです。

京急 品川駅

⇔ 往復運賃込み(1860円)

京急 三崎口駅

⇔ 指定区間の京急バスフリー乗車券(600円)

三崎港バス停

協賛店のマグロ料理代がコミコミ

紀の代さんで食べた「とろとろ丼」ですが、普通に食べたら1880円……!

その時の写真はコチラからどうぞ

レジャー施設もコミコミ

三富染物店さんの手ぬぐいに一目ぼれしたので、通常700円のこちらのてぬぐいと「選べるレジャー施設利用券」を交換していただきました!

▼マグロ柄の手ぬぐい……!


私は時間の都合で三崎港エリアしか回れなかったので限られてますが、次回利用するときは下記も行ってみたいですね……!

ちなみにコスパ最強なのが、京急油壺マリンパークの入園料1700円がなんとコミコミ……。

お金がすべてじゃないけどこんなに安い!

上記から今回『みさきまぐろきっぷ』を適用しなかった場合にかかった費用は5040円1980円もお得に旅行することができました!

浮いた分だけマグロのハイカラを追加オーダーしたり、食べ歩きしたのでもう十分満足しました……また来たい……。

こんなの買いました!お土産&食べ歩きリスト

①「クラフトうみべ」さんの『ニョロさん』

▼一目ぼれで購入、どの子を連れて帰るかすごい迷いました……。

▲日陰を好む生体らしいです。我が家にぴったり←

→リンク:クラフトうみべ

②とろまん&葉山夏みかんサイダー

紀の代さんでポスター見かけてからずーっと気になっていた「とろまん」。うらりさん1階のテナント「みさきまぐろ倶楽部」で発見して即購入!

▼「とんびに注意してね!」といろんな人から言われながら食べました。

▼キャベツなどが入っていて意外とシャキシャキ系、おいしかったです。

また2階の野菜館で販売していた葉山夏みかんサイダーにも手を出しました……ご当地サイダーって魅力的なんですよね……。

▲2階の休憩スペースにて

旅のまとめ

『みさきまぐろきっぷ』の旅のしおり

▼しおり① 旅程は大まかに。

スタンプラリーのスタンプがかわいかったのでここにも押してしまいました。

▼しおり②スタンプラリーの台紙と海南神社のしおり

▼しおり③三富染物店さんのパンフと、みさきまぐろきっぷの切り抜き

『みさきまぐろきっぷ』旅のリンクはコチラ!

『みさきまぐろきっぷ』で日帰り小旅行①どんどんマグロ丼!編【またたびメモ】

『みさきまぐろきっぷ』で日帰り小旅行②のらねこ編【またたびメモ】

『みさきまぐろきっぷ』で日帰り小旅行③てくてくスタンプラリー編【またたびメモ】

『みさきまぐろきっぷ』で日帰り小旅行④路地裏さんぽ編【またたびメモ】

『みさきまぐろきっぷ』で日帰り小旅行⑤海南神社編【またたびメモ】

▼お出かけしたくなったら荷造りしましょう!

随時更新!国内旅行の持ち物リストとちょっと楽で便利な荷造りテク

それでは、これにて。

ドロン。

文月詩乃
「やってみたいをカタチにする」をモットーに日々試行錯誤中! 「行ってみたい!」は47都道府県を訪ねる旅に、「引きこもりたい!」は日々の事務処理を仕組み化することで実現させることを目標に活動しています。2017年8月より、フリーの「事務処理屋」としての活動を始めました!