【ライフエンジン】春だよ!公園で創作の会に参加してきました!

せっかくのGW(5連休)なのにお金が無い!旅行に行けない!

そうやって部屋の片隅で膝を抱えていた私に、ライフエンジンから救世主が現れました。ありがとう、ライフエンジン!

広告

一緒に創作活動したり、講評会やるのって楽しいよね

Facebookの非公開グループでそんな話になりました。

せっかくならばGWに、普段行かない大きな公園でのびのびと活動してみたいね、と。
それなら講評会とかもやって……最後はお疲れさまでした会とかもやりたいね……。

なーんて盛り上がっていたところMaoさんを中心にどんどん企画が育ち無事決行されました!

ありがとうMaoさん!めっちゃ楽しかった!

ライフエンジン「春だよ!公園で創作の会」の旅のしおり

▼せっかくなので旅のしおりノートも作成してみました。

参加者にも配布するのを前提に考えて、PowerPointでデジタルなしおりを作ってみました。

私の旅ノートにはそれを印刷して切り貼りし、持ち歩きがしやすいようにカスタマイズ。

アートを意識した写真を撮る!

さて、創作なんて学生時代以来なので何をしようか迷いました。しかも学生時代は立体作品を扱っていたので、なおさら屋外は難しいかなーと尻込みしてしまいました。

なので今回の私の目標は

  • 平面作品として構図を意識した写真を撮る
  • 単焦点レンズを使いこなす

という2点です!

旅行中の写真は広角レンズに頼って「見えたもの全部画面に入れる!」というような写真が多いので、今回は思い切って単焦点レンズのみ、「切り取る」ことを意識して写真を撮ってみました。

できた写真はコチラ!

▼タイトル:ばんざーい!

▲InstagramにUPする際に正方形に加工するのを忘れてました……横構図で撮影したのですが、正方形に収める際に窮屈な印象に……。

空と花の比率とかちょっとこだわってみたのですが、どうでしょうか。

他のメンバーは同じように写真を撮ってたり、スケッチしに行ったり、作曲してたりと、各々が素敵な作品を制作してました。みんなの作品が気になる人は先のInstagramのハッシュタグから探してみてください^^

みんなと一緒に創作してみて気づいたこと2つ

①個人競技から団体競技に変化した

創作活動って個人競技になりがちなんですが、「みんなで同じ場所で同じ時間に作成する」という団体競技のような印象に変わりました。

特に息抜きしようと思ったとき、遠くで真剣に創作活動している仲間を見つけると「よし、休憩終わったらまた頑張ろう!」って思えるんですよね。

②仲間から講評をもらうことで自信がつく

創作活動とはどこか苦行みたいな部分があって「本当は○○と表現したかったのに、××までしかできなかった。自分はなんて才能がないんだろう」みたいな想定と結果のギャップで苦しむことが多々あります。

でも講評会の時に、自分自身では気付けなかった自分の作品の良いところを仲間に発見してもらうことで「あ、自分の作品って意外とイケてる?」という自信がつきました。

また、これは普段の自分の写真との比較なんですが、「誰かも気を遣わないで撮りたいものを撮りたいだけ」というのがとても楽しかったです。

空気読んでそろそろ移動しなきゃ……とか考えるのって無意識のうちにストレスになってたのかなーと。

あとやっぱり立体作品作りたいな。

好評だったので季節ごとにみんなでやるのもいいかもね。でもそれは、次のお楽しみに。

それでは、これにて。

ドロン。

文月詩乃
「やってみたいをカタチにする」をモットーに日々試行錯誤中! 「行ってみたい!」は47都道府県を訪ねる旅に、「引きこもりたい!」は日々の事務処理を仕組み化することで実現させることを目標に活動しています。2017年8月より、フリーの「事務処理屋」としての活動を始めました!