「恋人に求める理想像が高過ぎた」ので、軌道修正をかけます。 #乙女の作戦会議室

最近よく「恋人に求める理想像が高過ぎる」という指摘を受けております。

しかし無自覚過ぎて「え、どこが?」と返し続けていたので、今日は

  • 設定していた理想像
  • 「高過ぎる」と指摘されていた箇所の特定
  • 今後の反省

の3本柱で猛省したいと思います。レッツ!反省会!

広告

設定していた理想像

じゃあどんな人と付き合いたかったのさ?と言う話なんですが、これはここ数年ブレてません。

「価値観の合う人」

からの

「私のことを理解してくれる人」

……ちょっと待って!最後まで聞いて!

いくら承認欲求の塊と言えども、さすがに「100%自分のことを理解して欲しい」とかは思ってませんよ?

▼コチラの記事でも似たようなこと言ってますね▼

私が「価値観の合う人と付き合いたい」とこだわる理由を1つお話ししよう。

先の記事を要約すると「私の多面的な人間性を理解して欲しい」になります。(※幻想抱いてんじゃねぇぞ!でも可)

で、ブログにも書いちゃうくらい、いろんな人に宣言し続けてたんですが「もっと理想下げたら〜?」とよく言われました。

「え、でも価値観の合う人とか良き理解者からハードル下げたら、一生気の抜けない人生になるじゃん」って聞く耳持たなかったんですよね。ガッデム!

「高過ぎる」と指摘されていた箇所の特定

これはたぶん、みんなが指摘してることと、私が認識してることが違うのかもしれない…!

しかし違う箇所が特定できない…!と悶々としていた時に、ある友人からの一言で悟ったのです。

「ねーさん、『私のことをわかってくれる人』じゃなくて『わかり合うための努力を惜しまない人』と出会えたら良いね。

最初から全部悟れるような人はいないけど、好きになった人とわかり合おうと頑張る人はいっぱいいると思うよ。」

そ、そういうことかーーー!!!!!

いや、みんな言葉は違えど同じことを指摘してくれてたんですよね。ごめんね。

言葉って受け止められるタイミングがあるから、今がその時だったのかもしれません。

自分の完璧主義者が変なところで発揮されていたのだと思います。たぶん不安で不安で仕方がなかったので最初から「わかり合う姿勢」や「わかったよというサイン」が欲しかったのでしょう。

なんというメンヘラ!!!!!

今後の反省

ということで、呑んだくれながら一人反省会をしているワケで。

以前は「偏ってる趣味が何故か似てる」とか「考え方が似てる」って人と一緒にいたいって思ってましたが

今回の反省を受けて「わかり合うための努力を一緒に続けてくれる人」ってニュアンスに変わりました。

あとニコニコしながら手を繋いで公園を散歩してる老夫婦に憧れてるので、そんな将来を想像できる人が良いなぁなんて思ったり。

あとから見返して笑っちゃうような写真がいっぱい残せる人だと、素敵な人生になるかなーとかとか。

そういう素敵な人に一緒にいたい、って思えるような人間に成長したいです。精進!!!

あれ?なんだかキャラでもない事を……。

それでは、これにて。

ドロン。

文月詩乃
「やってみたいをカタチにする」をモットーに日々試行錯誤中! 「行ってみたい!」は47都道府県を訪ねる旅に、「引きこもりたい!」は日々の事務処理を仕組み化することで実現させることを目標に活動しています。2017年8月より、フリーの「事務処理屋」としての活動を始めました!