自分の「知らない強み」に気付いたら、その役割を演じてみよう!

自己分析ツールが大好きな文月詩乃です。

「ああ、やっぱり私ってこういう人なんだな」と再確認したり、知っているようで知らない自分に出会えるのが楽しいです。

広告

もしかして、自分の「知らない強み」を放置してない?

この時に「私ってそんな一面もあるんだ~(へぇ~)」で終わらせる人をちょくちょく見るのですが、非常にもったいない!

自分の「知らない強み」というのは、「まだ自分自身が気付いていない強み」である可能性が高いのです。

それに「診断の誤差」と決めつける前に、「ひょっとして、自分にはそんな力が……!」と覚醒していく方が夢があるじゃないですか!

「そんな強みは自分には無い」と自分で自分自身の限界を決める前に、ちょっと試してほしいことがあるのです。

自分の役割として「強み」を演じることで、「強み」にフォーカスした生活ができる

厳格なる診断の結果「強みだ」と判定されたのであれば、あなたにもその素質はあるはずなのです。必要なのは行動のみ。

新しいことに挑戦するときに、今までの自分のままだとどうしても一歩が踏み出せない、ということって結構あるので

ここは一つ、今までの自分とは違う役になると思って振舞ってみてはいかがでしょうか。

例えば私は「コミュ力が欠如している」と常々思っていました。

ストレングスファインダーの結果では「親密性」という少人数の時に真価を発揮するコミュニケーション能力が「強み」だと診断されました。

そこで「4人以下という環境限定でコミュ力を発揮できる」という役柄を自分に与えて、その通りに振舞ってみたのです。

すると今まで「コミュ力が無いから人と話すの苦手」という意識だったのが、「自分の得意な環境を見つけてることができればコミュ力を発揮できる!」と視点が変わりました。

気付いていなかった「強み」を意識することで、新たな強みを自分の力にするだけでなく、強みを活かせる環境を見極める……という、強みにフォーカスした過ごし方を送ることができました。

文月詩乃が今まで試した自己分析ツール

ストレングスファインダー1.0

2017年に入ってVer2.0がリリースされたようですが、私は再試験は行っていません。

本とセットで診断を受ければ2000円くらいですけど、34個の資質をすべてみるなら諭吉が一人いなくなるくらいの出費になります。

私は「最上志向」と「指令性」が上位5つの資質と結果が出ました。

「指令性」と言われてもピンとこなかったのですが「その場全体を見て、どう行動するのが一番良いか」を察知する強みがあるそうです。

なので退屈な会議の時は

「困ったときは戦局を見極めよ……この停滞した空気と先の見えない結末を打破できるのはお前だけだ……!」

とRPGの主人公になったつもりで、脱線からの帰還を図ります。

▼私の他の資質はコチラからどうぞ

ストレングスファインダーを受けてみたよ!

ストレングスファインダーの結果を掘り下げて気づいた2つの事

16Personalities

これは「強み」の診断ではなく、性格診断なんですが確信ついてることをサクッと言い当てられたりします。

私はこの結果を見て「あ……一人で休んでもいいんだ……」と気付いたので(出来ているかは別)、気になる方は一度お試しあれ。ちなみに無料です。

▼私の診断結果はコチラ

【性格診断】16Personalitiesを受けたら、診断率1%未満の性格という結果になりました!

ウェルスダイナミクス

最近私の中でホットなウェルスダイナミクス。人の資質を4つ、詳細版でも8つというざっくりとした分類で表現しています。

ざっくりなので自分と相手の得手不得手の傾向を見極めやすく、この考えをもとにチームや人間関係を構築すると、コミュ力の無い私でも折り合いをつけて生きていくことができます。

4分類を知ることができる簡易診断は無料ですが、8つのプロファイルを明らかにするのは有料です。これまた諭吉1人とサヨナラする必要があります。

※記事はまだ書いてません……書いたらリンク追加します……。

それでは、これにて。

ドロン。

文月詩乃
「やってみたいをカタチにする」をモットーに日々試行錯誤中! 「行ってみたい!」は47都道府県を訪ねる旅に、「引きこもりたい!」は日々の事務処理を仕組み化することで実現させることを目標に活動しています。2017年8月より、フリーの「事務処理屋」としての活動を始めました!